中小企業基盤人材確保助成金

こんなとき・・・

 創業や異業種進出に伴い、その事業に従事する労働者を一定期間内に雇い入れ
 雇用保険の適用
事業主となった場合。
 (基盤人材の雇い入れに伴い、一般労働者を雇入れることもできます。)

  ※創業や異業種進出した日から6か月以内に大阪府知事あてに改善計画を
   提出する必要があります。

  ※300万円以上の経費支出が必要
    この助成金を受給されるにあたっては、創業や異業種進出のため
    300万円以上の経費支出(施設や設備への投資等)を行うことが必要です。

 

 基盤人材とは

 ・年収350万円以上(臨時給与等を除く)の賃金で雇入れられる者

 ・次のいずれかに該当する者
   1.事務的・技術的な業務の企画・立案、指導を行うことができる専門的な
     知識や技術を有する者
   2.部下を指揮・監督する業務に従事する係長相当職以上の者

 

支給される額

 1年間の賃金の一部として、基盤人材については、1人あたり140万円
 (1企業あたり5人を限度)。

  一般労働者については、1人あたり30万円(1企業あたり基盤人材の雇入れ数と
 同数を限度)を支給。

 

手続きの流れ

 

詳しくは、

独立行政法人雇用能力開発機構HPhttp://www.ehdo.go.jp/gyomu/f-1.html

をご確認ください。

ログイン

TurningPoint賢者の選択で紹介されました!

会社設立のFirstStep

オフィス家具や生活雑貨や飲料も!アスクル

オフィスナビ

ドメイン・ホームページを作るならレンタルサーバーのファーストサーバ 月額416円から