通信販売酒類小売業免許

通信販売酒類小売業免許とは

2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象として、商品の内容、販売価格その他の

条件をインターネット、カタログの送付等により提示し、郵便、電話その他の通信手段により

売買契約の申込みを受けて当該提示した条件に従って酒類の販売を行うことができる免許

をいい、一定の要件を満たす場合にその販売場の所在地の所轄税務署長に申請手続を

行うことによって取得することができます。

なお、販売できる酒類の範囲については、次に限ることとしています。

⑴ 国産酒類

前会計年度の酒類の品目ごとの課税移出数量が、すべて3,000kl未満である

酒類製造者が製造・販売する酒類

⑵ 輸入酒類

一定の要件とは?

通信販売酒類小売業免許の取得に当たっては、申請者等及び申請販売場(酒類の販売場を

設置しようとする場所)が酒税法で定められた要件を満たす必要があります。これらの要件は、

大きく4つに区分されます。

※なお、申請者等とは、(1)申請者、(2)申請者の法定代理人、(3)申請者又は法定代理人が

法人の場合はその役員、(4)申請販売場の支配人等のことをいいます。 

①人的要件

②場所的要件

③経営基礎要件

④需給調整要件  詳細は国税庁HP

ログイン

TurningPoint賢者の選択で紹介されました!

会社設立のFirstStep

オフィス家具や生活雑貨や飲料も!アスクル

オフィスナビ

ドメイン・ホームページを作るならレンタルサーバーのファーストサーバ 月額416円から