施術所(治療院・接骨院)

新規にあんま、マッサージ、指圧、はりきゅう、あはき業(鍼灸、針灸、しんきゅう)や、

柔道整復の施術所(鍼灸院、針灸院、鍼灸治療院、接骨院、ほねつぎ、骨つぎ、

接ぎ等)を開設(開業・開院)する場合は各市町村の保健所へ届出が必要になります。

1.手続きの流れ

①事前相談

計画時の変更可能な段階で、施設の図面を持って保健所での事前チェック

(施設基準、名称)を受けます。

②施設完成頃に、施術所開設届を提出

施術所を開設した日から10日以内に「施術所開設届」を提出。

③実地検査

開設者又は業務に従事する施術者が立ち会って保健所の検査を受けます。

④副本交付

立会い時に交付してくれる保健所や窓口での交付、郵送での交付など保健所によって

対応が異なります。

⑤施術業務開始

実際にお客さんを受け入れるのは、この時点になります。

2.必要書類

施術所開設届

業務に従事する施術者の免許証

施術所の平面図

最寄り駅から施術所への案内図

定款の写し及び登記事項証明書(法人の場合のみ)

3.施術所の構造設備基準及び衛生上必要な措置

①6.6㎡以上の専用の施術室 

②3.3㎡以上の待合室 

③施術室の室面積の7分の1以上に相当する部分を外気に開放し得ること。

但し、適当な換気装置があるときはこの限りではない。 

④衛生上必要な措置を講じること。

・常に清潔を保つこと。 

・採光、照明及び換気を充分にすること。

⑤施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有すること。

※はり師の消毒(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律第6条)

はり師は、はりを施そうとするときは、はり、手指及び施術の局部を消毒しなければならない。

4.広告制限について(次の項目以外のものは広告できません。)

  • あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の場合

①施術者である旨、施術者の氏名及び住所 

②業務の種類

③施術所の名称、電話番号、所在の場所の表示

※上記①~③について広告する場合にも、その内容は、施術者の技能、施術方法

又は経歴に関する事項にわたってはならない。 

④施術日、施術時間

⑤その他

・もみりようじ ・やいと、えつ ・小児鍼(はり) ・医療保険療養費支給申請ができる旨

(申請については医師の同意が必要な旨を明示する場合に限る。) 

・予約に基づく施術の実施 

・休日又は夜間における施術の実施 

・出張による施術の実施 

・駐車設備に関する事項 


  • 柔道整復師の場合

①柔道整復師である旨、その氏名及び住所 

②施術所の名称、電話番号、所在の場所の表示

※上記①、②について広告する場合においても、その内容は、柔道整復師の技能、

施術方法又は経歴に関する事項にわたってはならない。 

③施術日、施術時間   

④その他    

・ほねつぎ(又は接骨)・医療保険療養費支給申請ができる旨

(脱臼又は骨折の患部の施術に係る申請については医師の同意が必要な旨を明示する

場合に限る。) 

・予約に基づく施術の実施 

・休日又は夜間における施術の実施 

・出張による施術の実施 

・駐車設備に関する事項 


各市町村により若干手続き内容が異なる場合がありますので、事前に保健所等で確認を行ってください。

ログイン

TurningPoint賢者の選択で紹介されました!

会社設立のFirstStep

オフィス家具や生活雑貨や飲料も!アスクル

オフィスナビ

ドメイン・ホームページを作るならレンタルサーバーのファーストサーバ 月額416円から