薬局開設許可

医療機関の処方せんにより薬剤師が調剤し、販売又は授与する者は、その所在地の

都道府県知事の許可を受けなければなりません。(薬事法第4条)

※大阪市内の薬局開設の許可は、平成20年4月1日より大阪市長に権限が

移譲されましたので、申請窓口は大阪市になります。

1.申請から開設までの流れ

薬局を開設するときは、店舗ごとに保健所に開設許可を申請し、許可を受けなければ

なりません。許可の有効期限は6年間です。

「事前相談」⇒「開設許可申請」⇒「施設検査」⇒「許可」⇒「開設」

2.許可要件の主なもの

(1)薬局の総面積は19.8㎡以上で医薬品等の販売場所と6.6㎡以上の調剤室を有し、

調剤に必要な設備及び器具を備えること

(2)情報提供のための設備を設置すること

(3)開局中は常時調剤に従事する薬剤師が勤務していること

(4)業務に係る指針及び手順書を作成すること

(5)管理薬剤師を置くこと

3.許可申請書類

(1)薬局開設許可申請書

(2)付近の見取図

(3)フロアー全体の平面図

(4)店舗の平面図

(5)履歴事項全部証明書(発行後6ヶ月以内のもの)※法人の場合のみ

(6)申請者の診断書(発行後3ヶ月以内のもの)又は疎明書

(7)役員の確定図 ※法人の場合のみ

(8)管理薬剤師の使用関係証書

(9)その他の薬剤師・登録販売者の使用関係証書

(10)誓約書

(11)勤務表

(12)体制省令で求められる指針・手順書

(13)薬剤師免許証、販売従事登録証(窓口で確認して返却されます。)

※ 添付資料は省略できる場合があります。

4.申請手数料

29,000円

ログイン

TurningPoint賢者の選択で紹介されました!

会社設立のFirstStep

オフィス家具や生活雑貨や飲料も!アスクル

オフィスナビ

ドメイン・ホームページを作るならレンタルサーバーのファーストサーバ 月額416円から